>

うつ病とはどのようなものなのか?

早寝早起きを心がける

早寝早起きをすることは、健康に生きていくためにとても重要なことです。
そしてうつの症状を改善するためにも、効果的であると言われています。

うつ病になるとよく眠ることが出来なくなってしまう人や反対に何もやる気が起きずにずっと寝たままになってしまう人など、規則正しい睡眠がとれなくなってしまう人が多いです。
そのため昼夜逆転の生活を送り、日の光を浴びることが無くなってしまいます。

そういった状態が続くと、幸福感を感じるメラトニンという成分の分泌量が少なくなってしまいストレスや心の不安がより大きくなってしまいます。

また成長ホルモンが上手く生成出来ないことによって疲労感が続いたり、イライラしたりしてしまうようになります。

気分が落ち込んで何もやる気にならなかったとしても、規則正しく早寝早起きをして日の光をきちんと浴びるようにしましょう。

食事に気を遣う

食事とうつにはあまり関係がないと思われる方が多いかもしれませんが、実際には非常に大きな影響を与えます。

食事をすることで体の中に入る栄養素というのは、当然ですが生きていくために非常に重要なものです。
しかしそれだけではなく、感情をコントロールする神経伝達物質を作るために欠かすことが出来ないものなのです。

うつの症状である不安感を感じる、イライラするというものは幸せホルモンのセロトニンの分泌が減少することによってより悪化してしまいます。
このセロトニンも神経伝達物質の一つですので、食事をきちんととることによって充分に作ることが出来るようになり、イライラや不安感を軽減することが出来るようになります。

うつ症状が出ていると何もする気が起きずに、きちんとした食事をとらなかったり偏った食事しかしなかったりするようになる場合が多いです。
しかし症状を軽減するためにも、食事内容には気を遣うようにしましょう。